イベント案内

11月18日山田先生&荻原先生セミナーの案内

1118日の山田・荻原講演会に寄せて

                       自然栽培農家 河野農園 河野 豊

種の問題と食の問題はつながっております。

これにとどまらず、すべての社会問題の根源がつながっています。

その問題の根源は、現在、政治経済の中心となっている短期利益追求型思考のグローバル企業の行動パターンにあります。

グローバル企業の行動パターンとは、世界平和・世界同一基準・国境のない人的移動の自由・統一通貨・開放された世界市場・個人主権(隠された企業主権)を求めるものです。

これを私は「世界統一思考パターン」と称しています。

これらは、戦争のない平時&災害の無い仮想世界を前提としております。

これに対して「国・地方の固有文化を重視する思考パターン」とは、過去の歴史・文化感を尊重し、その国・地方の永続発展を願うものであり、それは「生きている」家族の存続を願い、戦争を含む将来起こるである災害に対して自立&自衛の確保・危機管理を重視するものです。

これは、すべての生物の存続目標である「生命の伝達」が基盤となっております。

その意味で、「国の基が農である」と言われております。

単に「食の確保」が重要という意味ではありません。

第一次産業が「生命産業」であることを忘れてしまったことが、地方固有の文化・思想を弱体化させ、地方は工業化の波に飲み込まれてしまいました。

どこの国においても、その両思考がせめぎ合いながら調整されるものですが

日本では、マスメディア・政界・官僚・教育界のすべてが「世界統一思考パターン」に取り込まれております。具体的には、効率中心・短期施策・個人中心で、家族の絆が放棄されているところに見て取れます。また、経済政策的には、財政規律の遵守一辺倒に傾いており、与野党通しての30年に亘るデフレ策により、中国・韓国に抜き去られました。

こうしてみると、これから1118日に福知山で催をされる

山田先生の「種子法廃止の問題」、荻原先生の「日本の食の問題」がよく見えてきます。

彼らの基調は

1. 多様性の確保

2. 生命の存続

3. 安い、簡単、便利の裏側にあるものを見抜く力を求めています。

是非、お聞き頂いて、今の生活を見直すことが

これからの日本のみならず、ご自身の家族を守るためにも

極めて重要な機会を提供してくれるでしょう。


コメントする

名前

URL

コメント

河野農園元旦の始まりの行事

毎年元旦に、農園主が各圃場を回り
それぞれの田の神様に
御神酒を捧げ
昨年の御礼と新年のご挨拶をさせて頂きます。
元旦行事1
元旦行事2
元旦行事3
元旦4

足かけ3年の基盤整備工事

 

2017年から新規に農地を借り入れしましたが、

 

残念ながら湿田で排水性も湛水性も乏しい状態のモノでした。

 

大型機械を入れても緩くて収穫を放棄するような田んぼで、私どもの持つ小さいトラクターを入れますと、泥にはまって出られなくなってしまう様な地盤の緩い土地でした。

 

給排水の配管位置がわからない。

 

あるいは機能していない。

 

法面が崩落している、漏水が著しい。

 

地面の傾斜が偏っているなど等の問題から、すぐに作付けできるような土地ではありませんでした。

 

そのため、夏場の晴れ間などを使い、こつこつと排水管の再敷設、

 

外溝の掘削、崩落法面の補修などをして、ようやく湿田を畑の圃場として利用できる形に整えました。

 

 

 

はじめはバックホーを入れるのもお腹をすってアームで移動しなければ動けないような場所でしたが、

 

少しずつ排水性を良くしながら、

 

時間と労力をかけて利用できるように改善しました。

 

 

 

中山間部の農地は大体みな同じような状態ではないでしょうか。

 

大規模な圃場整備をしてから当地では40年が経過し、

 

大規模化、機械化などの取り組みなどがあったそうですが、

 

大きい田んぼでもせいぜい23反で、のり面が高く、平野部で見られる畔を乗り越えての

 

圃場の移動などが無理な場所が多いため、農機の移動も、畦畔の草刈りの労力も平地とは全く違います。

 

そんな山間部ですが、

 

地道にコツコツと取り組んでおります。

BEFORE

工事前

 AFTER

工事後

秋の恵み さつまいも

紅はるかを主に、紫芋のパープルスイートと、試しで植えたシルクスイート。

 

収穫作業も今年で4回目くらいになりますが、畑の土質の変化に驚きます。

 

最初は〝芋掘り〟ではなく、粘土からの〝芋発掘〟でした。

 

とても掘れるような土じゃなかったのに、たゆまぬ水捌け改善作業により、今年は畑で芋掘りができました。

 

毎年天候が変わり、今年採れるかは、わからない、特にこれからはそうだと思います。

 

日頃から山、川、自然環境を注意深く観察して、天災に備えなければなりません。

 

収穫物は自然の恵みなのだと感じます。一期一会、同じ年、同じ気候はなく、収穫は約束されたものではない……

 

だからこそ、今年も採れたサツマイモを、恵みを皆さまと大切に分かち合えたらと思います。

satumaimo

satumaimo2

焼き芋の恋しい季節がやって参りました。

焼き芋の恋しい季節がやってまいりました。

焼き芋全体

 

河野農園でも、出荷をはじめております。

 

皆さまに美味しいお芋さんを食べて頂こうと、私たちも味見をしております。

焼き芋食べかけ 

今年も香り高く、小金色に輝く、甘くて味わい深いお芋さんができました。

 

自然の恵み、命そのものを頂けることに、感謝です!

7年の宝

7年越しの土。
枯れ草を積んで、積んで、攪拌して、積んで、その足元にできた土です。握っても粘つかず、ホロホロとして、よく見れば小さな生き物も沢山。
しかし、使うのは一瞬。
枯れ草堆肥2枯れ草堆肥3枯れ草堆肥1人は土の上で土から食べ物を得ておりますが、日常で省みることは少ないと思います。人の営みよりも長い時間を得て出来ているのが今の足元に広がる土です。長いなあ。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ