農業レポート

自然栽培でも、土の状況・日照時間、栽培方法によって味は全く異なる

今回のレポートは、自然栽培でも味、収量が全く異なることについてお話致します。

私共はメインの野菜圃場2か所とは別に、実験圃場を3か所持っています。

  1. 竹良・・・元水田を畑にされておられた圃場で2年間耕作放棄されていた圃場

    東に家が建っており、朝日の日照時間が少し少ない。

  2. 地蔵前・・赤土で盛り土をした圃場で同じく2年間耕作放棄されていた圃場

         日当たりは極めて良い。

         水はけは工事したが、3圃場の中では一番悪く、地下水位は20cm以内。

  3. 庭・・・・もとは良い畑のはずだったのが、工事の関係で表土を一方に寄せたため

       結果として赤土が向きだしたところに、少し山土を上乗せした圃場。

       水はけ良く、地下水位は30cmはある。

この3か所に、今年の春、大豆の苗を同時期に定植しました。

しかも栽培には、途中で摘心(成長点を切除)することなく、そのまま育てました。

栽培方法

   ①圃場の土は元水田の土で栄養豊であり、②,③のような草マルチを

していない。

   ②圃場の土は、表土も薄く、ベースの土は赤土で痩せている。

    それを、近くに生える雑草を刈り、その刈草を畝にのせては乾かし

    土壌に栄養を与えた。しかしすき込んではいない。(自然農法スタイル)

   ③元赤土で何も生育しなかった場所だが、雑草を生やし

    それを刈り、積み上げることで土に栄養を与えた。(自然農法スタイル)

    少し上乗せした山土部分は、土の団粒構造も良いが、栄養分は少ない。

結果

収量 ①60g

②200g

③50g

味  ①滋味がある

   ②淡泊

   ③少し滋味がある

写真 ①竹良

竹良大豆

   ②地蔵前

地蔵前大豆収穫

   ③庭

庭大豆収穫

摘み取り後の比較

摘み取り後比較

特に目立つのが、②の地蔵前圃場です。

もともとの土質は最悪で何も大きく育たなかったのですが、自然農法スタイルの草マルチ方式で短期に圃場が豊かになり、収量も極めて高くなりました。

ただ、味が淡泊。要は水くさい。この味は、慣行農法の味に近いものでした。

やはり、急速に効果のあるものは、数量・形は達成できても

味、すなわち旨味までは達成できないのです。

「水田を畑に転換するには7年という長い時間がかかるが、滋味豊かなものができる」と

先人が言われています。

確かに、メイン圃場の作物は、すでに転換してから6年目。非常に旨味が高いのです。

先人の言葉が、証明されました。

このように、「自然栽培」と言っても中身は全く異なるのです。 

ただ、無農薬&無肥料ですので、安全・安心できるという面では共通しておりますが。 

コメントする

名前

URL

コメント

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ