農業レポート

世界の農業が抱える課題

農業レポート#2

2.農業生産性と貿易事情(から経済発展と社会抗争の構図まで)

先進国が工業国で、開発途上国が農業国ではない。

穀物輸出の多い地域は

1位 北米

2位 オセアニア

3位 EU

一方、アフリカ、アジア、日本が輸入国である。

しかも、穀物移動量:16百万トンは世界の穀物生産量1880百万トンの

7.2%で、thin marketです。(自動車では貿易率は40%を超えている。)

日本は、毎年30百万トンを輸入。穀物自給率は28%

この自給率に近い国は、韓国と台湾。今後アジアの国が発展すると中国沿海部も同様だが

日本と同じ状況になり、穀物の輸入依存度が急上昇する。

それでは、農業生産性の変化状況は   (1965年から1995年の30年間)

               先進国 途上国 中所得 低所得

農産物増加率 ①=②+③  1.2   2.2  2.1   2.3    

農業労働人口の伸び率    -2.2   0.7 -0.1   1.8 

労働生産性増加率      3.4 1.5 2.2 0.5

低所得国はすべての指標で伸びているが、

人口上昇率がはるかにこれを上回るので

飢餓状況に追い込まれていく。

(何故、人口上昇率が先に上がるのか?

 本来これを、先に解決しなければならない。

しかし、往々にして、一部の工業化、モノカルチャーが先行して、

貨幣流通量を拡大させ、それに伴い欲望が肥大化して行く。

併せて先進国文化・思考が導入されて、

自国全体のバランスを見ることなく

経済発展させることにより、

農産物全の生産性以上に人口上昇を招くことに

なるのではないか。日本もその一例であろう。)

ここまでは、教科書通りの展開を述べた。

しかしここで更に考えなければならない2つの大きな問題がある。

①先進国では、生産性を大きく上げているが、

 その代わりに土壌を損耗し、

 遺伝子組み換えも含め、生態系の人間も含めて

 バランスを壊してしまっている。

②低所得国は、土壌はまだ健全であると思われるが、

 人道支援の名の下での医療・衛生サービスの向上による

 人口増で、結果的に貧困と飢餓と戦争に

 よる人口調節を強いられてしまう。

 なぜ、先進国は、自国の資源を壊してまで、低・中所得国に穀物を輸出しているのか?

両者ともに不幸であるのに、なぜこのような事態が続くのか?

社会のこの手の問題を読み解くには、

「だれがこの事態で得をするのか」を考えれば良い。

まず、この産業の基幹部分を世界で誰が握っているのか?を

調べること。

彼らこれを握っているものにとっては、各地域が自国の特質に応じた

バランスの取れた節度ある成長と発展を目指すより、

アンバランスな成長・発展をしてくれた方がいい。

それは、後者の方が触れが大きく、

従って無駄が生じる確率が高くなり、

その振り子の動く時には、必ず利潤が得られるからである。

こうして農業を見て行くと、人口問題に始まり、製造業のみならず

医療等サービス業から幅広く文化まで、経済発展の諸相、

社会の紛争・戦争の問題まで、解りやすく見えてくる。

現在推進されているグローバリズムの代表的動きである

TPPの標語、「より安価な経済的商品の流通」という言葉の裏には、

各地域の特性に応じた自立・自助&自己解決の能力(国権)の喪失と、

かつ世界的な無駄・無理の内包・蔓延が隠されていることを

見抜かなければならない。彼らが進めている安い労働力の受け入れ

(代表的なものが、「難民・移民の受け入れ」)は、

文化・教育コスト、治安防災コスト等のマイナス面を

無視していることからも容易に解ってくる。)

ちなみに、戦略的農産物輸出(自国の最低限の必要量を超えた

領域にまで農業を保護すること、例えば輸出補助金支援等)

農業先進国である、米国、フランス、カナダは行っている。

大した農産物輸出も行っていない日本が、

補助金について、米国からとやかく言われる筋合いは全くないのである。

おそらく今回のTPP合意?で「米」よりも先に、

酪農業が壊滅するだろう。そうして、「安い肉やミルク」の名目で、

不健康な食品が大量に入ってくることとなる。

今までは、戦後の米国の余剰穀物救済策として、

米国製飼料の輸入とそれに呼応した蜜飼システムの導入により、

安価な牛乳・肉が大量供給され、その代償に、大腸がんや

アトピーの大量発生を招いてきた。

しかしこれからは、ダイレクトに完成品として

それらの牛乳や肉類が入ってくることとなる。

実態は、あまり変わらないが、自己解決能力の幅が

狭まることは間違いないだろう。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ