農業レポート

雑草の活用

農業レポート#34

水田の畑地化―雑草の生え方で土壌の改善状況が解る―     20180425

実験圃場3に、雨除けハウスを建てた畝があります。

この圃場は、201610月に2年近く耕作放棄されていた畑をお借りしたものです。

もとは水田であったものを畑にされていたようで、10㎝程の水田型の表土がありました。

ただ、①水はけが悪く②日あたりがよくないので

実際に使えるのは日の当たる半分、3畝(1畝5m)しかありませんでした。

まず①溝を切り、水はけをよくしたかったのですが、

肝心の排水溝がどこにあるのか全く見当たりませんでした。

今や耕作関係者もおらず、過去の状況が全く解りませんでした。

しかし、とりあえず溝を掘り水が低いところにしみこんで流れるようにしました。

そうして2017年夏は大型トマトを植えました。収量はハウスの半分ほどでした。

ただ、大きくなると白絹病などで倒れて行きます。水はけが悪いのでしょう。

冬は更に畝を10cmほど積み上げて畝高40cmにして白菜を植えました。

しかし、水はけ悪く10cmほど水がたまることもあり、成長はしたものの

結球するほどまでには育ちませんでした。

2018年に、隣接する水田もお借りすることになり、思い切って水をその隣接する水田の排水溝に流せるように切ってみたところ、途中15㎝ほど下に埋もれた排水溝があり

排水口の先は離接する水田の溝に出ていました。

(いずれも埋もれていてわからなかったのです。)

これを復旧すると一気に排水が良くなり、今では180mmの雨でも水がたまらなくなりました。

そうなると面白いことに、雨除けハウスの畝にカラスノエンドウが群生してきました。

カラスノエンドウ群生

どれほど伸びるのか放置しておくと、60cmまで伸びました。

4月に花が咲き、種をつける前に刈取り調べたところ根粒菌がいっぱいついていました。

花咲く

根粒菌

カラスノエンドウのほかにもヒメオドリコソウも生えてきており

自然農の竹内氏が言われる、土のステージが2から3の状態に一気に上がったことがわかります。

今は、刈り取った後、畝を乾かした後さらに耕し、その上から刈った草でマルチをしてあります。5月の夏野菜の苗の定植がたのしみです。

私ども重粘土質土壌の地域で、畑作化を進めるには、まず何よりも水はけを良くすることが

第一ですが、その次は雑草の力でいかに土を団粒化して行くか。その地域に生育する雑草をうまく使って土を耕して行くかがkey pointのようです。

岡やまサラダ菜の早期収穫

2018年岡山サラダ菜の収穫期間短縮

―生産上は大成功だが、販売上・経営上では失敗の巻き―

今年の春野菜は、去年より1週間早く5月下旬かと思っていたが、物によっては相当早まりそうだ。

昨年のfacebookに掲載した苗の鉢上げ時期や、回りの草花の開花時期を見くらべると今年は全て1週間ほど早まっている。

この3月、4月の気温を見ても、最低気温はそれほど変わっていないが、最高気温、平均気温ともに5度以上高い。

結果、ソラマメも6月上旬収穫の予定が相当早まるのではと思える。

収穫期間短縮の顕著な事例が、岡山サラダ菜。

定植時期は、高気温の影響もあり、去年は410日であったのが今年は327日と10日以上早い。

おかげで出荷も、去年は69日に初出荷だったが、今年は426日には出せそうだ。

出荷が1カ月以上早まっている。

この理由を分析してみると

①培土に、昨年は山から取って来た土(団粒構造の良質土)のみを使用していたが、今回は、それに加えて、1年半かけて作った良質の草木堆肥を20%混ぜ、培土の水はけが良くなった。そのため苗の根張りがスムースに進んだものと思われる。

②昨年は、定植先の畝ではマルチ掛けしていなかったが、今年はマルチシートを掛け、更にべた掛けシートを上半分にかけ、保温効果を高めさせた。地温も高く保持できたのだろう。

以上二つの好条件が、高気温と重なり、収穫が1月以上早まったと思われる。

424日現在

okayamasaradana

ただ悩みは、野菜の1種類が特に収穫が早まっても、他の野菜たちとそろってくれないとsetでの販売ができないという販売上の悩みがある。

生産管理上の大成功だが、経営上・営業上の失敗ということになる。

このあたりが固定種の自然栽培が難しいところでもある。

ソラマメの実験栽培part2

ソラマメの実験栽培part

―肥毒対策と害虫駆除のジレンマ―

いよいよ冬も過ぎ、春爛漫となりました。

お陰で心配していた、越冬も無事終わりそうです。

ソラマメも花をつけ出しました。

でもまだまだ油断できません。

遅霜の心配があります。

昨日は朝最低気温がマイナス2度まで下がりあたり一面真っ白でした。

既にトンネルは撤去し、雨除けを兼ねてべた掛けシートのみ

かけております。

トンネルを撤去したのは、晴れて光が差し込むと

トンネル内の温度が軽く40度を越えてしまうことがあり。

蒸れて苗が痛んでしまうからです。

べたがけシートは、①雨が地面に直接当たらないようにするためと、②放射冷却を避けて霜が付くのを防いでくれます。

もう一つの心配は、アブラムシの発生です。

春が来ると、暖かくなりアブラムシのような小さな虫から順次大量に発生して行きます。

まだ、蜂やアブは大きな活動はいたしません。

そうして生態系が維持されて行きます。

この実験圃場は、耕作放棄2年、自然栽培1年半ですから、かなり過剰な肥料は無いはずなのですが、この地の土は重粘土質のため、なかなか肥料分を放しません。

従って、水はけを良くするために、溝幅を広げ、その土を畝に積み

高くしたときなど、昔の濃い肥料が残っていて影響することもあります。

今回は、ソラマメの隣の畝で自生してきたカラスノエンドウに

アブラムシが大量発生しました。

いずれ天敵が増えてバランスを取ってくれるのですが、何分にもアブラムシの増殖率が高く、例えば高次の生物であるテントウムシの自然増殖が間に合いません。

そうすると、隣のソラマメに飛んでくるのは必定。

確かに、第一陣が飛来、見つけて手でつぶしました。

(実は害虫駆除を手でやるには、初期対応が重要です。手遅れになると手では不可能です。)

そこで悩みました。

①本来は、過剰な肥料分を除去してくれるので、カラスノエンドウが増え、そこにアブラムシが大量発生するのは自然のバランスが取れ多いにありがたいことです。

②しかし、これが他に栽培しているもの(ソラマメ)に飛来して成長点を痛めてしまうことは避けたい。(アブラムシは最初に成長点に近い若芽に取り付き増殖して行きます。)

③これが非常に重要なことですが

 アブラムシを大量発生させると、近隣の農家から苦情が出る可能性があります。

 このような環境にしてしまったのは、今までの農家全体の取り組み方が誤っていたからなのですが、多くの人は現象しか見ません。

人間の病気に対応する姿勢と同じように、根本治療でなく対症療法ばかりに

目を奪われております。

 しかし、農地を今後借り増して行くことを考えると、近隣農家との軋轢は極力避けたい。

以上から、今回は、大量に発生したアブラムシを焼き殺すことにしました。

ほぼ1/2をガスバーナーで焼き殺しました。

当然、カラスノエンドウも枯れてしまいます。

その時、思いのほかにテントウムシが来ているのに気が付きました。

圃場内のバランス復元作用は効いてきております。

しかい残念ながら5匹中1匹を焼き殺してしまいました。

残り1/2にはアブラムシも健在ですが、テントウムシの方が素早く移動できるので

アブラムシ対テントウムシの比率がテントウムシ優位に立てたのではないかと思っております。

以上、ご報告でした。

ソラマメの実験栽培(中間報告)

私どもの第2実験圃場でソラマメの栽培の実験栽培を行っています。。

ソラマメ秋まき栽培の第一のpointは越冬がうまくできるかだと思います。

それは、同じ圃場で昨年、スナップエンドウ栽培で学習したことです。

スナップエンドウの場合、本葉4から5枚が越冬の適期です。

(「自給自足の自然菜園12か月」竹内孝功監修)

確かに、それより大きすぎても、小さすぎても成長が良くなかった。

播種する時期が大切ということです。

ソラマメの種はいつも隣の畑(有機栽培)で良い野菜をおつくりになっている方から自家採種の種を頂いた。今回はその方から10月末から11月初旬が適期と教えて頂いていたので、111日を中心に、118日まで分散して撒いた。

お隣は、圃場の整備が遅れ1110日ごろにまかれた。

そらまめ播種

さてその後の展開だが、

私どもは、雨が直接当たらぬようにべたがけシートをかけました。

お隣さんの圃場は何年も栽培されており土ができているので、何もされない。

結果、12月 時点ではこの状況。

播種後の気温が高かったこともあり、雪の降る時期には私どもは本葉8枚ぐらいに

お隣さんは本葉2枚程度。

私どもの播種は10日程度早すぎたか?

お隣のソラマメ

うちのソラマメ

こうなると、次が大変。

積雪では

積雪で若苗が埋まりひしゃげてしまうので、雪をどける作業が必要。

雪を取り除くと、生きてくれていた。

お隣さんは雪に埋もれたままほったらかし。

まだまだ、寒気が続きそうなので、一方の畝にはべた掛けの上からトンネルをかけた。

もう一方は、雨で土が締るのを防ぐためのべた掛けのみ。

今後の展開が楽しみです。

気温変化、栽培方法、その先に・・・・

最近の気象状況は、毎年大きく気温が変化している。

そういう中にあって、自然栽培のものが健闘していることをよく聞きます。

収量が慣行栽培の物を上回る事例も出てきております。

私どもの直近の事例では、ご近所の皆様が作っておられる白菜が結球しないのに、私どもの白菜が結球しておりびっくりされました。

これにはいくつもの要因があるのでしょうが、最大の要因は自然栽培の野菜は、肥料を与えられないことから根の張りが慣行栽培の物の3倍以上になることから天候異変に対する対応力が違うのでしょう。

その代わりに、生育必要期間が、慣行栽培の物の2倍ぐらいになることはざらにあります。

根の張るのに時間を要して、上の物が収穫できるまでに時間を要してしまいます。

慣行栽培では、肥料があるので最低限の根張りで、上のものができてしまうのです。

2番目の要因は、生命力の違いではないかと思っております。

固定種の野菜は、いのちをつなぐことが第一使命です。

(だから、旬があるのです。)

小さい個体も、大きな個体も、みなそれなりに自分の子孫を残すために最適な状態で花をつけようと考えます。

後述するように、昨今の気温が激変する環境下では、いつ花をつけるかの判断が植物にとって非常に難しくなります。従って、将来の先読み能力が非常に重要になります。

この能力は、個体で磨いているだけではなく、野菜集団の中で協力し合いながら危険分散すらしているのではないかと思います。

敢えて先に芽を出して、次に出てくる本命の野菜たちに地上の状況を教えているのではないかと思えるようなことも起こっております。

そう考えると、利益第一主義、生産性第一主義で進んできた慣行栽培では、使用される種の多くが周年栽培用に品種改良されておりますので、自然への感応度は鈍く設定され、マイペースで成長することになります。要は周りの環境には影響されることなく生産者の都合に沿うように設計されています。

天候・気温の変化が一定の幅に収まる場合はそれでよいのですが、昨今のように激変する場合は、適応できず、不作となります。

本来の生物は、多様性を確保し、環境の変化に集団で乗り切ろうとするものです。

今の人間社会は、これとは全く異なり標準化・量産化が第一目標です。

地域の環境を無視して突き進んでおりますので、あちこちで矛盾が生じます。

それが様々な病気や社会問題となって表れてきます。

結論としては、この標準化・統一化の人間活動は、自然の動きによって破たんし修正を余儀なくされると思っております。

しかし、それは、今すぐではなく、更に標準化・統一化・工業化が進んでいく中でより深刻なGAPとなって表れてくると思っております。

しかし、一方、当の人間は、次第にGAPの認識もうすれ、問題の根本的発生原因すらわからなくなってしまうのでしょう。

その時に大きな災害として顕現するものと思います。

過去の民族神話の多くに、一部の人間しか生き残れない災害が出て参りますが、それはそのような状況を語っているものと思います。

「生命の絆をつなごうとする人しか残れない、残らない」というのが真理なのでしょう。

心したいものです。

なお、福知山市の2012年から2018年まで7年間の最低気温をプロットいたいました。

ご覧ください。

縦軸が気温、横軸が日にち、系列1が2012年、系列7が2018年です。

自然栽培の中でもこだわり度が異なる

世に自然栽培と言われるものでも、千差万別です。

認証自体も複数あります。例えば羽咋市でも行っております。

自然農では岡田茂吉氏の推進されているグループも基準を出しておられます。

有機栽培に極めて近いものから、自然農と言われるもの、私どもの認証取得しております木村式自然栽培まで様々です。

私共河野農園は、木村式自然栽培の認証を取得しておりますが

私見として

自然栽培の根幹は、自然の生命循環を維持し環境との調和を図ることにあると思っております。

この条件を外してしまうと、長期の視点を見失ってしまうからです。

短期的な利益追求志向が強い現代社会では、自然栽培といえども工業的な短期合理性が重視され、自然本来の多様性を放棄してしまいがちになるからです。

ただ、事業化の過程で、栽培作物の本来の条件(生育気温等)から、物理的な補助資材の使用を認めなければならないと思います。そうでないと、収穫できる作物が限られてしまい、事業として成り立たなくなってしまいますので。

これは、木村式自然栽培でも認められております。

(例:ハウス、雨除けハウス、マルチングや暗渠工事等の排水施設)

さて、多様な自然栽培を整理して行く中で、私ども河野農園のこだわりご紹介させて頂きます。

まず、自然栽培の条件を難易度が上がる順に積み上げていきましょう。

1.無農薬+無肥料・・・・・・・・・・・必要最低条件

   初期防除で土壌消毒がなされることがありますが、これは自然栽培に該当しません。

2.耕作期間が3年以上 ・・・・・・・・3年未満は移行期間と言われます。

   肥料成分が消えるのに短くても3年はかかるからです。なお、土を毎年入れ替える使い捨て方式は自然栽培とは言いません。自然循環の考えに反します。1cmの土を作るには最低でも10年から100年かかります。

3.土壌改良に、完熟堆肥のみ使用 ・・・

完熟堆肥は、その圃場で取れた雑草等を3年間かけて堆肥化したものを 言います。輸入飼料を食べた牛・鶏から排出される牛鶏糞を使用しての完熟堆肥は、自然の生命循環からはずれるので対象外となります。

4.水は井戸水を使用。もしくは湧き水等の農薬肥料の入らない源流水を使用。

   平野部、下流域では、途中に慣行栽培の水田・畑があるので農薬肥料の混入は不可避です。従て、井戸水を使用することになり、当然に水質検査が必要になります。

5.種は固定種。・・・・・・・・・・・・・生命伝承機能を持っている

   自然栽培で流通している野菜のほとんどがF1種です。耐病性に優れ、形が整い収穫時期がそろうからです。

   固定種では、生長速度がばらばらでそろわないため、収穫作業が大変です。

6.固定種の種を自家採種・・・・・実際に種を自分の圃場で取っている。

   自家採種するには、余分に畑が必要です。

   交雑を考えると、独立・隔離された圃場が別に必要です。

以上の条件を満たしている農家のパーセンテージを求めてみると、概要以下の通りです。

①有機栽培・・・・・・・・・0.4% 日本の耕作面積比(農林省統計による)

以下は統計データがないので推測ですが

②自然栽培・・・・・・・・・自然農を含め①有機栽培の1/10

    有機栽培に行き詰った方がなされます。

    最初から自然栽培に飛び込む方は少ないです。

③固定種を使用・・・・・・・②自然栽培の1/10

ナチュラルハーモニー銀座店の店頭に並ぶ野菜の履歴から判断

④自家採種を実施・・・・・・・③固定種の1/5

       実際に採取してみて、その困難度から判断

種取り圃場を設ける余力と、収穫後の作業が余分に必要です。

なると2の期間、4の水の確保を考慮外としても

日本の農家(正確には耕地面積)の0.004*0.1*0.1*0.20.000008

となり多くて10万分の1になります。

日本の全耕地面積461ha*0.0000083.7ha

日本の全農家253万*0.00000820

という推測が付きます。

いかにわが農園が稀少な存在であるかがわかると思います。

これが、わが農園はonly 0neを目指す根拠でもあります。

農業レポート#23 アブラナ科(例 小松菜)と大根羽虫対策

自然農でも自然栽培でも、小松菜などの葉物は実に難しい。

土に窒素分が多いと、それを食べに虫が多く集まるというのは良く知られている。

当地綾部は山が近いので、無農薬栽培では大根羽虫の被害が大きい。

実際、昨年、庭の実験圃場に、肥料など何も与えていない山の土を持ってきて、

小松菜を植えたところ大根羽虫に虫害されずきれいな小松菜が栽培できた。

これは、土の質が良くなったからだと思っていたが、どうも違うようだ。

大根羽虫は、土の質に関係なくくるようだ。

ただ、水はけが悪いとか、不健康な株には多く来るようだが。

今回、新たに借り受けた実験圃場で小松菜を栽培。

確かに、大根羽虫の害は少ない。

(写真)メイン圃場の小松菜 vs. 実験圃場の小松菜

畑丸葉小松菜

地蔵前小松菜

ご覧の通り、上のメイン圃場の小松菜は相当の被害を受けている。

一度全部やられ、捕植しなおしている。下の実験圃場はほとんどやられていない。

メイン圃場の硝酸態窒素は年々下がっている(計測器を保有し確認済み)ので

虫害は少なくて良いと思われるが、実際にはあまり変わらない。

大根羽虫が嫌いの物は何かを、息子が飼いながら探しているのだが、何でも御座れのようだ。

鷹の爪、わさび、酢も怖くない。

わさびなどでは、そのうえで和合さえしている。

ただ、新しくアブラナ科を植えるところは多く発生しないようだ。

昨年の庭の場合も今回の地蔵前の場合、いずれも初めてだった。

こうなると、羽虫は2年は生きるので、2年ごとにアブラナ科を植える

場所を変える以外にやはり手はないようだ。

自然栽培でも、土の状況・日照時間、栽培方法によって味は全く異なる

今回のレポートは、自然栽培でも味、収量が全く異なることについてお話致します。

私共はメインの野菜圃場2か所とは別に、実験圃場を3か所持っています。

  1. 竹良・・・元水田を畑にされておられた圃場で2年間耕作放棄されていた圃場

    東に家が建っており、朝日の日照時間が少し少ない。

  2. 地蔵前・・赤土で盛り土をした圃場で同じく2年間耕作放棄されていた圃場

         日当たりは極めて良い。

         水はけは工事したが、3圃場の中では一番悪く、地下水位は20cm以内。

  3. 庭・・・・もとは良い畑のはずだったのが、工事の関係で表土を一方に寄せたため

       結果として赤土が向きだしたところに、少し山土を上乗せした圃場。

       水はけ良く、地下水位は30cmはある。

この3か所に、今年の春、大豆の苗を同時期に定植しました。

しかも栽培には、途中で摘心(成長点を切除)することなく、そのまま育てました。

栽培方法

   ①圃場の土は元水田の土で栄養豊であり、②,③のような草マルチを

していない。

   ②圃場の土は、表土も薄く、ベースの土は赤土で痩せている。

    それを、近くに生える雑草を刈り、その刈草を畝にのせては乾かし

    土壌に栄養を与えた。しかしすき込んではいない。(自然農法スタイル)

   ③元赤土で何も生育しなかった場所だが、雑草を生やし

    それを刈り、積み上げることで土に栄養を与えた。(自然農法スタイル)

    少し上乗せした山土部分は、土の団粒構造も良いが、栄養分は少ない。

結果

収量 ①60g

②200g

③50g

味  ①滋味がある

   ②淡泊

   ③少し滋味がある

写真 ①竹良

竹良大豆

   ②地蔵前

地蔵前大豆収穫

   ③庭

庭大豆収穫

摘み取り後の比較

摘み取り後比較

特に目立つのが、②の地蔵前圃場です。

もともとの土質は最悪で何も大きく育たなかったのですが、自然農法スタイルの草マルチ方式で短期に圃場が豊かになり、収量も極めて高くなりました。

ただ、味が淡泊。要は水くさい。この味は、慣行農法の味に近いものでした。

やはり、急速に効果のあるものは、数量・形は達成できても

味、すなわち旨味までは達成できないのです。

「水田を畑に転換するには7年という長い時間がかかるが、滋味豊かなものができる」と

先人が言われています。

確かに、メイン圃場の作物は、すでに転換してから6年目。非常に旨味が高いのです。

先人の言葉が、証明されました。

このように、「自然栽培」と言っても中身は全く異なるのです。 

ただ、無農薬&無肥料ですので、安全・安心できるという面では共通しておりますが。 

日本の水田が随所で壊れていっている

私どもは、自然栽培の野菜をより多くの方に知っていただくために農地の拡大を進めております。その中で気づかされたことですが今、日本の中山間部の農地の多くが壊れて行っております。

それは、生産性向上の名目で大規模化を進めたために、小さな水田に大きな機械を入れ無理やりスピーディーに作業を進めているところが実に多いのです。しかもそうして痛んだ水田の維持・補修を怠ってしまっています。

その結果として、水田においてもっとも大事な水の管理ができなくなってしまったところが増えてきております。

...

下の写真は、そういう水田で、水を引くためにパイプで引き込んでいる工事です。通常のルートでは水が取れなくなってしまっているからです。

配管工事1

配管工事2

私どもは、このような水田の補修屋です。

常日頃から手を抜かずに水田を大切に扱ってきておればこのようなやり方をしなくてすむのですが。

短期の利益追求に走ると、農業のような「生命産業」では必ず後で大きなしっぺ返しを受けてしまいます。心したいものです

自然栽培は絶えざる工夫と挑戦が必要。

何でもないゴーヤの写真。


上が畑の中で畑の土を使ってプランターで栽培。

下が私の実験圃場。

ゴーヤ地蔵前

プランターは今年で2回目。
私は初めて。...

最初、いずれも農園主次男が育てた苗からスタート。

当初、プランターも目立って成長しない。
実験圃場も赤土ベースの極貧土壌で全く成長せず。
両者、似たようなものだった。


畑のプランターはマルチがけして、雨による土のしまりをふせいでいた。
我が方は、何もしてないので自然農から学んだ「雑草ととも育ちの草マルチ方式」を採用。


結果は御覧の通り。


自然栽培、自然農いずれも放置しておくだけなら結果は悲惨なものになり、何年たっても変わらない。
研究心と実践・工夫が何より重要。


上側は経験豊富な農園主が実施したが大した工夫もしなかったもの。
下は私:ど素人3年目のにわか百姓。

しかし、工夫と努力で結果を出す。
わずか半年でこれだけの差が出た。
これが自然栽培、自然農の醍醐味だ。


実験圃場ではすでに130g級のゴーヤを7本出している。更に5本が出荷ま近か。

土壌改善しながら成果を出す。この心がけが大事。一度に矛盾すると思える2つのことを実施することで、時間という資源を有効に使える。

これは徳洲会で実践の場で学ばせていただいた。
自分で基幹システムであるレセプトシステムを学びながら、前任者からその運営をひきつぎ、さらに同時に数人の施設長に教えて現場に移行するという離れ技だった。失敗したら請求業務に支障をきたし資金繰りに支障を来たし、更に行政指導を受ける。こわくて考えられない。最低でも基幹システムの移行は並行稼働が常識の世界。
その常識を打ち破らせて、自分の頭の中の枠を取っ払う。
これが徳洲会の過ごさだ。


人は必死になるとなんでもできる。
自分の潜在能力に自信をもてと教えられた。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ