農業レポート

岡やまサラダ菜の早期収穫

2018年岡山サラダ菜の収穫期間短縮

―生産上は大成功だが、販売上・経営上では失敗の巻き―

今年の春野菜は、去年より1週間早く5月下旬かと思っていたが、物によっては相当早まりそうだ。

昨年のfacebookに掲載した苗の鉢上げ時期や、回りの草花の開花時期を見くらべると今年は全て1週間ほど早まっている。

この3月、4月の気温を見ても、最低気温はそれほど変わっていないが、最高気温、平均気温ともに5度以上高い。

結果、ソラマメも6月上旬収穫の予定が相当早まるのではと思える。

収穫期間短縮の顕著な事例が、岡山サラダ菜。

定植時期は、高気温の影響もあり、去年は410日であったのが今年は327日と10日以上早い。

おかげで出荷も、去年は69日に初出荷だったが、今年は426日には出せそうだ。

出荷が1カ月以上早まっている。

この理由を分析してみると

①培土に、昨年は山から取って来た土(団粒構造の良質土)のみを使用していたが、今回は、それに加えて、1年半かけて作った良質の草木堆肥を20%混ぜ、培土の水はけが良くなった。そのため苗の根張りがスムースに進んだものと思われる。

②昨年は、定植先の畝ではマルチ掛けしていなかったが、今年はマルチシートを掛け、更にべた掛けシートを上半分にかけ、保温効果を高めさせた。地温も高く保持できたのだろう。

以上二つの好条件が、高気温と重なり、収穫が1月以上早まったと思われる。

424日現在

okayamasaradana

ただ悩みは、野菜の1種類が特に収穫が早まっても、他の野菜たちとそろってくれないとsetでの販売ができないという販売上の悩みがある。

生産管理上の大成功だが、経営上・営業上の失敗ということになる。

このあたりが固定種の自然栽培が難しいところでもある。

コメントする

名前

URL

コメント

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ