農業レポート

多様性といのちの絆から見た農業哲学

多様性の概念を農業哲学として「生命力」の観点から見ると?

今の慣行栽培は、自然の変動要素をできるだけ排除し、人為的に

環境を管理し、栽培しやすくする方向で発展してきました。

水耕栽培、施設栽培など工場型生産方式もそうですし、

遺伝子組み替え技術もそうです。

それは、消費者の志向が、単純な機能を求めるようになってきたこととも

連動しています。

複雑な味ではなく、「甘い、辛い」など、シンプンルで極端なものを

尊重するようになってきたことと連動しています。

消費者の舌に、幅がなくなってきたのです。

すなわちここでも、多様性の喪失が顕著になってきております。

これは、極めて人為的操作がしやすい社会的状況とも言えます。

ただ、その結果、自然とは離れて行き、

農産物の工業品化を推し進めて来ました。

これは、農業生産者にとっても都合がよく、

非常にマーケッティングがしやすく、量産効果もとりやすいのです。

しかしここに大きな落とし穴があります。

それは、「生命力」と言うものの存在を忘れてしまっていることです。

生命力とは、本来「子孫形成」の機能です。

生命再生機能こそが生命力の原点です。

「性」とは、本来そのために存在したのですが

今や、人間社会的においても、単なる欲望の一形態となって

しまいました。

自然の持っている制御機能を取り外してしまう方向に

どんどん進んでいます。

「生命」には、「時空を超えた存在としての意義」があるのですが

今や、現代社会の刹那的な生命観は、「自分ごと」でしか考えられ

なくなってきたのです。

「生命力」は一律均等に与えられるものではなく、各個体に応じて

提供されるものです。「寿命」というものと同じ概念です。

「一律均等」という世界観が、個としての生命の意義を希薄化させて

しまったのです。

実は、自然栽培、自然農は、これとまったく異なる世界に存在しております。

ひと言で言いますと「みんな違って、みんな良い」。(金子みすず)

私は、156本のニンニクを植えました。

結果は、大小さまざま、標準というものが存在しないのです。

慣行栽培・有機栽培では、肥料を与え、下のかさ上げをしますから

ある程度、作物がそろいます。

ましてや、種にF1種を使えば、更にそろってきます。

しかし、そこでは、与えられた肥料の分だけ、生命力が劣ってきます。

自然栽培では、一つ一つの種は、違った環境の中で

それぞれの最適解を求めて行きます。

その意味で、小さくても大きくても、生命力は同じなのです。

「生命の循環をあずかるものとしての責務」を果たそうとするのです。

ここに、自然栽培に携わる者の、大事な哲学・倫理が存在します。

「時空を超えた、生命の循環に携わる者」としての心がまえが

求められます。

農業とは、生命を預かる仕事であり、聖業としての「慎み」が求められます。

本来、自然栽培では、大きなジャガイモも小さなジャガイモも同じ値段なのです。

生命力を頂くという観点から見ると。

しかし、今の消費者は、それでは納得しないでしょう。

小さなジャガイモを買った人は、文句を言うでしょう。

消費者に見えるのは、大小であって、生命力は見えないのですから。

「見えないものが、実は一番大事なのだ」ということを、

消費者も学んで頂く必要があります。

自然栽培は、お客様とともに成長して行くビジネスです。

私が、このビジネスを選んだのは、その1点にあります。

永く生命を預かる者として、お客様とともに学んで行きたい。

これが、このビジネスを千年事業にする要諦であると思っております。

コメント

Down Arrow コメントをする
多様性といのちの絆から見た農業哲学

タトゥー商品

多様性といのちの絆から見た農業哲学

トップ10商品

コメントする

名前

URL

コメント

苗用の土作り

河野農園では、お野菜もお米も苗作りから始まります。

種を播く土も無農薬・無肥料のそれぞれの畑や田の土を使います。

粘土質の土塊をこぶし大まで崩して乾かし

何回も木槌で砕いてふるいながら「土」を取って行きます。

お野菜用の畑の土は5mm以下、お米用の田の土は3mm以下までふるいます。

土埃がひどいので防塵マスクを着用します。

こうして作った土に,培土やくん炭を混ぜた土に種を播くのです。


 

足かけ3年の基盤整備工事

 

2017年から新規に農地を借り入れしましたが、

 

残念ながら湿田で排水性も湛水性も乏しい状態のモノでした。

 

大型機械を入れても緩くて収穫を放棄するような田んぼで、私どもの持つ小さいトラクターを入れますと、泥にはまって出られなくなってしまう様な地盤の緩い土地でした。

 

給排水の配管位置がわからない。

 

あるいは機能していない。

 

法面が崩落している、漏水が著しい。

 

地面の傾斜が偏っているなど等の問題から、すぐに作付けできるような土地ではありませんでした。

 

そのため、夏場の晴れ間などを使い、こつこつと排水管の再敷設、

 

外溝の掘削、崩落法面の補修などをして、ようやく湿田を畑の圃場として利用できる形に整えました。

 

 

 

はじめはバックホーを入れるのもお腹をすってアームで移動しなければ動けないような場所でしたが、

 

少しずつ排水性を良くしながら、

 

時間と労力をかけて利用できるように改善しました。

 

 

 

中山間部の農地は大体みな同じような状態ではないでしょうか。

 

大規模な圃場整備をしてから当地では40年が経過し、

 

大規模化、機械化などの取り組みなどがあったそうですが、

 

大きい田んぼでもせいぜい23反で、のり面が高く、平野部で見られる畔を乗り越えての

 

圃場の移動などが無理な場所が多いため、農機の移動も、畦畔の草刈りの労力も平地とは全く違います。

 

そんな山間部ですが、

 

地道にコツコツと取り組んでおります。

BEFORE

工事前

 AFTER

工事後

種取り用ハウスの完成

 

18年末から新規圃場の基盤工事と並行して進めていたのが種採りハウスの建設です。

 

山が近く、周辺からの受粉の可能性も少ない場所ではあるものの、水はけの悪い死地を改良しての建設です。

 

もともと地下水位が高い場所でしたが、畝を高く盛ることで野菜が問題なく育つことは確認できていましたので、土台を作りその上に土を盛り、畝を立ててからの、建設基準の作成。

 建設開始

基盤工事に注力していたため、19年から骨格の建設をはじめました。アーチパイプを配置し、背骨となる直管を5本固定しましたが、やはり地盤が緩いため、場所により水引線より5cm沈むという状態に。

 骨格

アーチの穴に小石など詰め込んで固定してはいましたが、建設を進めて鉄管の骨がそれぞれ組み合わさると重さもそれなりになります。勝手に沈みます。

 

ということで丸太を切って下鉄管と地面の間にかませてジャッキアップ。これで下がりすぎることはなくなりました。一通りの骨組みを組むのは終えて、19年の秋に聖護院蕪の種を撒き、骨組みだけのハウス内で栽培開始です。

 聖護院蕪

20年の1月に入り妻面の建設も終えて、本格的にビニールや防虫ネットの展張となるのですが、綾部では3月に岸焼という川岸や農道・畔などの冬の枯れ草を焼き払う行事があります。

 

山が近いので結構な法面があり、毎年焼くのですが、ビニールハウスにとっては火の粉が飛んで触れると穴の原因になります。今年は雨のため中止になりましたが、当日の天気によるので、中止か岸焼が終わるまでビニールは張れませんでした。そうこうしているうちに無事に育った聖護院蕪は花芽を伸ばし始めます。あまり大きいとは言えませんが霜にも虫にも負けなかった、形の良いものを残して間引き、選抜をします。

 

1月には防虫ネットを張り、岸焼中止後に天井ビニールを張り、急ピッチでハウス外観を建設。無事開花までには扉もついて建設が終わりました。今は開花してくる菜花にひたすら受粉作業をしています。

完成 

今年から夏野菜の一部も植え付けをし、交雑の心配が低いものを種採りしていく予定です。

 

  



営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ