農業レポート

栽培方法の違いと適正価格

今回の農業レポートは農産物価格についてです。

農産物について、一般消費者の方は、安ければ安いほど良いと

思われている方も多いと思います。

また、世間一般のエンゲル係数は低くなっており、

食費よりも、趣味や娯楽にお金を振り向ける方も多いと思います。

そこで、今回は、生産者サイドと消費者サイドの両面から検討してみました。

まず、私を含めて生産者サイドの目から見ます。

栽培種類別,種の種類別に、価格の低い順(=難易度の低い順)から並べると

これだけの組み合わせがあります。 

栽培種別            (種の種類) F1種 vs. 固定種

①慣行栽培(農薬*肥料使用)          1     2

②減農薬*化学肥料(除草剤使用、農薬散布回数減) 3  4   oisix,ラディッシュボーヤ        

②無農薬*化学肥料    5   6

③無農薬*有機肥料(牛糞等動物糞を含む)  7  8  有機栽培

④無農薬*有機肥料(植物資材のみ)  9 10  有機栽培

⑤無農薬*無肥料*耕起   11  12  自然栽培

⑥無農薬*無肥料*半耕起 13  14  自然栽培

⑦無農薬*無肥料*不耕起  15  16  自然農

なお、私どもは自然栽培12,14のレベルです。

私の市場調査の結果では、慣行栽培レベル1のナス1個がスーパーで50円とすると

デパートの地下で生産者名のついた有機栽培レベル7,9で100円で販売されています。

また有機栽培レベル8,10自然栽培レベル12,14でともに150円くらいです。

固定種の希少性・高難度から高くなっています。

(なお、レベル1でも、特殊な野菜に特化しての高級品を作り

 市販価格の10倍で出回っている地方野菜(例:京野菜)もあります。)

おもに、おいしさと安全度より、

手間と収穫量面:原価面から、価格設定がなされているようです。

ただ、有機栽培レベル8,10と自然栽培レベル12,14では、

明らかに収量について、自然栽培の方が少ないので、

価格は更に跳ね上がるはずなのですが

高価格野菜のマーケットでは、

1)自然栽培が後発であること、

2)従って、ブランド形成力・営業力が弱いことと、

3)障害者やボランティア的経営で

  規模を大きくしてある程度のロット生産をすると、

  量が出ないといけないことから割安の販売に走っていること

などが原因です。

私自身としては、自然栽培レベル12,14は、適正価格200円に

して行くべきだと考えております。

そうしないと、自然栽培農家継続した後継者育成ができず

いずれ有機栽培農家に、変わって行くことになるでしょう。

自然栽培農家は営業力をつけて、適正価格での販売を志向するべき

と考えております。

次に、消費者サイドから見た場合どうかを私なりに考えてみました。

これについては、皆様のご意見を頂戴したいです。

さて消費者サイドで以下の2点で分析してみました。

1)質の面からの評価

2)価格比較面からの評価

1)質の面では

  ①栄養価の評価

    過去、私も言っておりましたが、

    ホウレンソウの栄養価が1/6とか減少したというのは

    誤りでした。

    比較した期間で、栄養分析方法が異なっておりました。

    そこで、同一の評価方法の範囲ではどうか

    私自身入手した表で分析いたしました。

    4訂日本食品標準分析表:1982年と

    7訂日本食品標準分析表:2015年の2期間で比較いたしました。

    結果、こまつな、ホウレンソウについては半減していました。

    しかし、それ以外は顕著な変化はありませんでした。

  ②健康度の評価

    これは、腐敗実験で可能と考えております。

    結果として

    慣行栽培のものは、腐敗し

    自然栽培のものは、枯れるか発酵します。

    この理由が重要です。

    慣行栽培のものは、野菜の中の微生物多様性が劣っており

    自然栽培のものは、微生物の多様性が優れているのではと

    考えております。

コメントする

名前

URL

コメント

4月6日木村先生講演会

平成31年4月6日(土)の木村先生の講演会の概要をお知らせ致します。

 

 2019年に東京で開催されるNPO法人主催木村先生の講演会は、「幸福寿命」を提唱されるメタボ研究の慶應義塾大学医学部伊藤裕教授の腸内フローラと自然栽培の土の微生物たちという、目に見えないけれど、ひとにとってとても大切なものが、地球環境や私たち自身の健康に生かされていくという共通点をお話し頂きます。

また、ドキュメンタリー映画「美味しいごはん」の上映会を午前中に開催致します。

 自然栽培のお米の美味しい「ひかりのおむすび」を食べて、人生が変わった料理人ちこさんの姿を追って制作された映画です。毎日のあたりまえの食生活を見直し、「食べ方を変えて、生き方が変わる」ことの大切さを伝えています。

               記

日  時 201946日(土曜日)1030開場 11001600

場  所 亀戸文化センターカメリアプラザ3F カメリアホール

   〒136-0071  東京都江東区亀戸2丁目191  

    電話: 03-5626-2125 

アクセス JR総武線・東武亀戸線「亀戸」駅下車 北口より徒歩2

参 加 費  3,000円(前売り)   4,000円(当日受付) 

定  員  400

懇親会は未定。


 

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ