食と健康

野菜から学ぶ本物と偽物

野菜から学ぶ本物と偽物

と言っても、本来議論を始める前には、必ず

言葉の定義を明確にしておく必要があります。

そうでないと、議論が集約せず、拡散しますので。

ここでの本物とは、野菜という植物生命体の話ですので

永続する生命作用を持つ健康な物ということです。

偽物は、永続する生命作用を持たないものもしくは

不健康なものとなります。

この定義では、F1種の食べ物は本物とはなりませんし

GMO(遺伝子組替作物)も本物とはなりません。

このテーマを考えた契機は

私どもの野菜を頂かれたお客様の中には

私どもの野菜と、マーケットでご購入された野菜の

味が変わらないとおっしゃる方がおられたことが始まりです。

もう既にお気づきのように

上記の定義と、それを考えるもとになった契機とは

視点が異なっております。

本物とは、永遠の生命作用を持つかどうか

野菜が健康かどうかがpoint

本来、味の良し悪しではないのです。

では、どうしたら、一般消費者の方が、

本物と偽物を見分けることができるのでしょうか?

すなわち、生命作用や健康度を基準にして

見分けることができるのでしょうか?

そのためのcheckpointを列記しました。

ご参考にしてください。

1.生もしくは味付けせずに食べてみると

スーッと体に入ってくる。透明感がある。

いくらでも無理なく食べられる。

2.えぐみがない。

3.日持ちがする。

4.腐敗実験をすると、発酵するか枯れて行く。腐らない。

逆に、偽物は

1.多く食べるとうんざりする。体に抵抗感が生まれる。

2.えぐみがある。

3.すぐに腐る、溶ける。

4.腐敗実験すると腐る。.

一度、お試しください。

なぜ、味の点を外しているのかと言うと

味覚は、その方の置かれている食生活環境によって相当変わります。

出汁をご自分でお取りにならない方、化学調味料を多用されておられる方、加工食品・冷凍食品を多用されている方、外食の多い方は、肉・乳製品・卵のお好きな方の多くは、一般的にミネラル不足の状態になり、舌の感覚が鈍ってきます。こういう方は刺激の強いお料理を好まれます。

(残念ながら、切れる子供、心の病の多発はこのミネラル不足から生まれます。舌の感覚が鈍るということは、感性が鈍っていき、結果として感情の振れを大きくして行きます。

また、肉・乳製品・卵はGMO穀物飼料を使っておりガンを多発す上、その劣悪な生育環境から抗生物質・ホルモン剤が多用され製品に残って行きます。)

一方、自然栽培の野菜の味は、野に咲く花のように目立たずおとなしいので

物足りなく感じます。雑草のようにあるがままで、人畜無害なのです。

また、調理法にも問題があり、慣行栽培の野菜のように味が薄い農産物を対象に開発された味の濃い調理法だと、野菜の味は解らなくなります。

慣行栽培の野菜は、居酒屋やファミレス向けに栽培されており、マニュアル化されたレシピどおりに味付けができないと困るので、野菜は味が薄い方が良いのです。

その代わりに、規格通り、形・色が鮮やかで、量がそろはないと困ります。値付けが難しくなるからです。

変化のない中で販売量を上げるため、宣伝文句と視覚に訴えって行きます。

味は個人差があって、訴求するのが難しいからです。

訴求するとしても、甘い、辛いという風に単純・極端に走ります。

そして時に、珍しい野菜が導入され変化をつけてくれます。

key wordは「変化」です。

今の社会が、「変化と挑戦」を求めてきているように。

一般的に見栄えが悪く、サイズもばらつき、個性的で、味に濃淡がある自然栽培の野菜は、大量消費のマーケットには向きません。

変化するとしてもゆっくりと変化して行きます。

人間の体もそのように変化してきました。

食べるものが体を作っているということを忘れてはなりません。

今多く多発している病気の全ては、自分たちの食生活から生じていることから解りますように。

一方、有機栽培の方が味が濃いと言われています。

それは、肥料が潤沢に与えられることによります。

その代わりに、肥料投与の管理が難しく、肥料が過剰投与されている場合には

硝酸態窒素が多く残り、野菜にえぐみが残ります。

そういう野菜を腐敗実験すると、慣行栽培で農薬・肥料を使用した野菜より早く腐り

悪臭を放ちます。

JAS有機では、硝酸態窒素の基準が設けられておりません。)

良心的なベテランの有機栽培農家が、適切に施肥管理された作物を選ぶ必要があります。

でも、これも難しいのです。

有名な農家さんが、おいしいからと言われて皆に注目され急きょ拡大された農地でできたものは、まだ土が十分できていないので、恐ろしくまずいものも生まれます。

でも、時の勢いに流されてそれを販売されてしまいます。

(実は農業も本当は芸術と同じで、一流の方はダメなものは世に出さないのです。)

私自身体験したのですが、今までおいしかったニンジンが、急にまずくなったのです。

Netでしらべたところ、大型機械を導入、大規模に農地を拡大されていました。

欲に流されると、良心的な農家さんもダメになってしまうものです。

それだけ、野菜の味とは変わるものなのです。

結局、本物の味は何かを消費者の方々も見極め続ける努力が必要です。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ