農業レポート

ソラマメの実験栽培(中間報告)

私どもの第2実験圃場でソラマメの栽培の実験栽培を行っています。。

ソラマメ秋まき栽培の第一のpointは越冬がうまくできるかだと思います。

それは、同じ圃場で昨年、スナップエンドウ栽培で学習したことです。

スナップエンドウの場合、本葉4から5枚が越冬の適期です。

(「自給自足の自然菜園12か月」竹内孝功監修)

確かに、それより大きすぎても、小さすぎても成長が良くなかった。

播種する時期が大切ということです。

ソラマメの種はいつも隣の畑(有機栽培)で良い野菜をおつくりになっている方から自家採種の種を頂いた。今回はその方から10月末から11月初旬が適期と教えて頂いていたので、111日を中心に、118日まで分散して撒いた。

お隣は、圃場の整備が遅れ1110日ごろにまかれた。

そらまめ播種

さてその後の展開だが、

私どもは、雨が直接当たらぬようにべたがけシートをかけました。

お隣さんの圃場は何年も栽培されており土ができているので、何もされない。

結果、12月 時点ではこの状況。

播種後の気温が高かったこともあり、雪の降る時期には私どもは本葉8枚ぐらいに

お隣さんは本葉2枚程度。

私どもの播種は10日程度早すぎたか?

お隣のソラマメ

うちのソラマメ

こうなると、次が大変。

積雪では

積雪で若苗が埋まりひしゃげてしまうので、雪をどける作業が必要。

雪を取り除くと、生きてくれていた。

お隣さんは雪に埋もれたままほったらかし。

まだまだ、寒気が続きそうなので、一方の畝にはべた掛けの上からトンネルをかけた。

もう一方は、雨で土が締るのを防ぐためのべた掛けのみ。

今後の展開が楽しみです。

コメントする

名前

URL

コメント

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ