セミナー報告

第4回自然栽培東京セミナーのご報告

4回自然栽培東京セミナー報告

                               文責:河野 豊

今回は,29名の参加を得て、有楽町帝劇ビル地下2階にある神戸大学東京六甲クラブにて2018101118時半開始。

1部は、息子たちのお話

短い時間ながらも、濃厚な内容の話をしてくれました。

1. 自然栽培の現状と今後について

自然栽培の課題と河野農園の対応について、農園主次男:河野 遼(はるか)より

お話させて頂きました。

   今回は ➀種子法廃止

➁農薬規制緩和

③遺伝子組み換え の3つを取り上げました。

   これらの詳細は省かせていただきますが

(ご希望の方はメールにてお申し出ください。別途お送りいたします。)

   河野農園としては、上記課題のそれぞれに対して

   ➀自家採種のための種取り圃場の用意と交雑を防ぐハウスの建設を進めております。

   ➁メイン圃場の上流農地を借り入れ、農薬が流れ込まないようにしました。

   ③遺伝子組み換え作物との交雑による訴追を防ぐため、山間部の源流域にある

    耕作放棄地を借り入れ、種の純正を保持します。

2. 有害鳥獣の駆除について

 猟銃と罠の免許を取得している猟師の長男:河野 央(ひさし)より

 現状抱える課題についてお話させて頂きました。

 ➀有害鳥獣の被害状況

 ➁猟師高齢化

 ③一部不心得猟師による不正とその影響

 ④捕獲専門法人について

さらに踏み込んで、獣害による耕作放棄地拡大を止めるためには

昔の日本のように「農家は銃を持って自ら立ち上がりくい止めるべき」との持論を

展開いたしました。

3. 自然栽培の加工食品開発について

 サツマイモやにんじんの干し物を手がけている三男:河野 亘(わたる)より

 彼が今後取り組む予定のものまで含めてお話させて頂きました。

  ➀干す・・・・干し芋、干しにんじん

  ➁冷凍する・・・冷凍ミニトマト、冷凍枝豆

  ③漬ける・・・キュウリのきゅうちゃん漬け

   基本は、旬の味を長くお届けしたいとの思いから行っております、

   そのために、衛生管理も徹底し、保健所の認可もとれる調理工場を建設しております。

以上の第1部に続き、第2部として今回初めてパネルディスカッションを行いました。

パネラーをご紹介させていただきますと

荻原彩子様 ナチュラルスタイルを主催する食育コンシェルジュ。

      ナチュラルスタイルはFB非公開グループとして4500人を超える

メンバーを擁し、私ども河野農園のお客様も数多く参加しておられます。

      食の安全を中心に、自然農・自然栽培・有機栽培農家を支援され

添加物や化学調味料から医療・薬の問題まで

幅広く啓蒙活動をされておられます。 

最近は、高校生にまで授業の中で、食についての教育を実施されておられます。

吉田美香様 華道家。

トヨタの最高級車センチュリーモデルチェンジのCMに華道家として登場。

また、シヴァナンダヨガのインストラクターでもあり、ベトナムに行かれて

まで研鑽される活動家。

      さらに植物に親しむ中から、生まれ故郷である大分にて聖なるハーブ

「トゥルシー」を無農薬栽培&販売中。

      FBにて2400人強のフォロワーを抱える美貌と人望を備えた若き活動家です。

大槻 博様 イタリア料理を研鑽し地元にイタリア料理店を開くも病に倒れられ

      その中で、荒廃してゆく里山に胸を痛められ活動されるも、くも膜下出血に

倒れ後遺症で苦しまれました。

      そんな中、木村秋則氏に出会い勇気をもらい、NPO法人木村秋則自然栽培

に学ぶ会を立ち上げ事務局を務める。

今はさらに大地の再生を進める矢野智徳氏からも学ばれ、

癒やしの里山作りを推進中です。

穏やかなお顔の中に秘めたるエネルギーは計り知れないものがあります。

以上、3名の方々と私とでパネルディスカッションを行いました。

テーマを「1000年続く農業(私どもの「自然栽培」)と言っているが、可能なのか?

     可能とすれば、それを支えるものは何か?」と大きく取り上げ、

そのための基調となるお話を私の方からさせていただきました。

現在の日本は、農政・農業を捨てているのでは?

    その根拠は ・種子法の廃止

・遺伝子組み換えと除草剤

・高齢化(後継者不足)

・(自然)災害による離農・・・・・今回の豪雨・台風で顕著

・農業用水路の崩壊・・・他の公共設備同様建設後50年近く経過し

                     水漏れ激しく水が来ない、経路がズタズタ

・山林・河川の崩壊・・・山が杉・檜ばかりで根が弱い

竹が侵食し、地盤がもろい

川が泥汚染で死んでいく。源流にあおこ。

この先に来るものは?

工業型農業    ・・・農薬・肥料多用のモノカルチャー

見た目生産性は高いが、実態は栄養・生命力が無い食材

多様性の欠如(どこのスーパーも皆同じ品揃え)

           さらには 狭い,高湿度の日本で作る必要は無い?

           海外農産物に依存・・・・安い

一方これに対して、私どもは

   自然栽培は永続的な命のつながりと生物多様性を維持することができる。

しかし、現実に、どれだけの農家が生き残れるのか?

      “Forest Man in India(YouTubeで是非ご覧ください) に見る希望と覚悟    貧者の一灯

 日本の有機栽培普及度が米国、ヨーロッパに比べて1/10はなぜ?

      日本 0.4% vs. ドイツ4.4%、スイス7.1%、アメリカ5%

その原因は

   ④家庭の崩壊ではないか?

・・・・家庭料理の消滅、個食の現状、朝ご飯を食べない子

     「普通の家族が一番怖い」2007年著作 2000年と2005年の首都圏の状況比較

   ⑤和食の崩壊・・・・消えゆく「だし」,薄味 

      味覚の欠如

   以上の問題から私の提案は 

本物の野菜、米、味噌、醤油で

         「薄味&粗食」 そして 「味覚と健康(と文化)」を取り戻そう

以上の問題提起をさせていただきましたが

パネラーの皆様からは時間の都合上、以下の2点に集約してお話頂きました。

環境を守る視点       ・・・荻原様、大槻様

経済的施策としての価格政策について・・荻原様、吉田様、河野

➀については、荻原様からは、食育活動を中心にお話頂く中で、

1)「捨てる」ことが少なくなった。「もったいない」の意識を持つこと

2)プラスチック問題の深刻さ

3)腸を壊す環境を我々がつくっている

などのご指摘を頂きました。

また、食生活についてカタカナ食(洋食)ではなくひらがな食(和食)を

食べましょうとのお話も頂きました。

大槻様からは、里山再生活動のお話から、現代の土木建築のもたらす問題点

コンクリート、アスファルトが空気と水の流れを止め、土を殺してしまう

とのお話を頂きました。

➁については、吉田様からは、価格は1.5倍にしてること、そして価値を伝えていることを

       話していただきました。

       荻原様からは”You are what you eat.”の言葉を

       そして差・違いの解るようにしよう

       本物を食べること、価格より価値を見抜くことの大切さを話されました。

私・河野は、生産者・販売者の立場から、

「マーケッティングの常識では本物は10倍です。

しかしそれでは高価すぎるので3から4倍で販売しております。」と

申しあげました。

最後に総括として、「是非シーズンに1回で良いから、、本物の食材を使って、自ら調理されご家族、お子様やおまご様とご一緒に食卓を囲んでください。」と申しあげました。

その後は、恒例のワインやお茶の飲み比べ会を行い、私どもの枝豆、冷凍ミニトマトを召し上がっていただき、参加者同志の交流を図っていただきました。      以上


2018年2月木村秋則自然栽培特別講演会報告

218日木村秋則先生セミナーにおいて自然栽培野菜生産者としてパネラーをさせて頂きました。

まだまだ新規就農7年目の若輩ものですが、これからも家族みんなで頑張っていきたいと思っておりますので、ご支援の程お願い申し上げます。

先生には、事前に機会を頂き、農業再生につきまして、私ども日本海側中山間部の農業の現状を詳しくご報告させて頂き、併せて施策について持論をご紹介させて頂きました。

先生も日本各地を回っておられますので、現状を良くご存じです。

これから日本の農業が、世界に伍して生き残って行くには、高付加価値の自然栽培を進めて行かなくてはならないとの確信をもっておられます。

ただ、そのためには自然栽培のお米や野菜をご購入いただく消費者の方々を増やしていく必要がございます。

現在、日本はJAS有機の始まった2000年から既に17年を経過致しましたが、普及率は0.2%です。その他の認証未取得を入れても0.4%と言われております。一方、有機先進国のヨーロッパでは、スイスなど7%に達している国が多く、ドイツですら4.4%です。

一方、GMO推進大国の米国でも、有機栽培の比率は既に5%で、現在年率10%で伸びています。

日本では、医療費や介護費ばかりが増大する中、私どもは何とか「食による本来の健康」を取り戻したいと願っております。

そのためには、消費者の方々の意識改革が重要で、安全・安心・健康的なお米や野菜はどのようなものか?

本物を見分ける力が必要です。

それをお知らせしなければとの思いで先生は基調講演をなさいました。

牛の糞のお話もその一環です。本来の刈草を食べておれば、糞も臭くならず、その上に寝ている牛たちも病気にならないのです。

私どもは、それを受けて各セクションで自己紹介をしながら各自の取り組みをお話させて頂きました。

野菜は夏野菜18種類。すべての種をF1ではなく固定種を使用、自家採種を進めております。

これは、①農業は生命産業であり、いのちの絆をつなげていくことが必要で、生命力ある物、

旬のものをお届けしたいということと

②種にその土、気候風土を覚えてもらい最適解を出し続ける中で河野農園オリジナル

世界でonly oneの野菜になってもらおうとの思いからです。

私は「1000年続く農業で、1000年続くお客様をお支えしたい」と申し上げました。

それは、いくら自然栽培で永続する農業を目指しても、そのお野菜やお米をお届けするお客様に長く続いて頂かないと意味のない虚しいものになってしまいます。

お客様のご家族が皆健康で、ご子孫が末永く社会的使命をもって生き続いて頂かないと、私どもも続くことができないからです。

昨年春の私の主催するセミナーでは、お客様の奥様方を対象に食育のお話をさせて頂きました。

今年は、私ども河野農園では、101118時半から、東京有楽町の帝劇ビル地下2階東京六甲クラブにおいて、第4回東京自然栽培セミナー 行います。

そこでは、食育を超えて、家庭・家族の再生についてお話をさせて頂きます。

テーマ「自然栽培による農業再生から家族の再生へ」

今一度、「いのちをつなぐ」という、人間以外のすべての生命体が守る基本原理をお話ししたいと思っております。

第1回東京自然栽培セミナー @有楽町 2016年10月13日

自然栽培セミナーと利き酒懇親会の夕べ 

東京有楽町帝劇ビル地下2階の神戸大学東京六甲クラブにて

夜18時半から、28名の方々にご参加いただき開始。

冒頭にNPO法人木村秋則自然栽培に学ぶ会」会長 清水精二様来賓のご挨拶を頂きました。

第一部自然栽培セミナーは

まず、農園主 河野遼により、自然栽培を慣行農法、有機農法、自然農、自然栽培の順に違いを説明。

特に、慣行農法、有機農法については ①循環・永続の視点、②生態系多様性の視点から 自然農については、③農業としての安定性の視点から 自然栽培が優れている旨を申し上げました。

続いて、自然栽培作物の特性をご紹介。えぐみのないことなどを申し上げ 最後に、当農園の現状と秋冬野菜についてご紹介させて頂きました。

2番目に、三男亘が、都会人間が、新規就農それも自然栽培をやってみて、苦しかったこと、気づいたことをご紹介させて頂きました。当たり前のことですが、私どもの作物は、いのちの集合体からできている。 肥料を使用すると、いのちでないものから食べ物ができてしまう。それは、本当の食べ物なのだろうか?と提言してくれました。

3番目に、私・河野豊から、自然栽培の野菜の3つのメリットをご紹介

 ①おいしい ②安全・安心を100%担保できる ③健康に良い 

特に③については、昨今注目されているエンドファイトに言及し、当HPにおいてもご紹介しております腐敗実験から、畑の菌の多様性が、人間の腸の菌の多様性につながり、それが腸を整えてくれ健康な心と体を作ってくれるのではないかという仮説を申し上げました。

更に、①自然栽培と高齢者の健康寿命促進(農高連携) ②自然栽培の農地育成は、都市住民に実物資産形成の場を与える(農都連携)③自然栽培の教育効果利用 自然栽培農法の実践により、体験的に多様性への対応を学べる 研修ではなく教育を行う場が提供できる旨を申し上げました。

こういう動きの中で初めて、地方の自立・活性化、若者人口の増大 地域創生が図れる旨申し上げました。

第2部は楽しく利き酒会と懇親会を行い

冒頭、湘南東部総合病院長 市田隆文先生より「酒を飲んだ方が長生きできる」のご講演をいただき、一同楽しくお酒を頂きました。

わが農園からも、枝豆を持参。京都丹波黒大豆を使用した「紫頭巾」との食べ比べも行って頂きました。

若干時間はのびてしまいましたが、21時には閉会とさせて頂きました。

来年度はも4月、10月の2回、このようなお客様との交流会を持たせて頂きますのでお越しください。

これからの農業と未来の食卓

2017716日 木村秋則先生ほか講演会の要旨

中戸川 貢先生

1.コンビニの食事で3食取ればどうなるか?

結論

カロリーは足りる

しかし、ミネラルが必要最低限の所要量を大幅に下回る   

高級食を買っても、カロリーが増えるだけ。

何故か?

色鮮やかにみせるために、水煮しているため

ミネラルが全て流出してしまっている。

これは、冷凍食品、レトルト食品同じ

新型栄養失調に注意しましょう。

参考書:「食事でかかる新型栄養失調」

2.水煮食品の増加

野菜の水煮パックが売れている

業務用野菜の状況は

「タスカル」を見てください。

なお、サラダ用のカット野菜は、数十秒間茹でてあります。

そうして生として販売します。

3.リン酸塩に注意しよう

上記のように、ミネラル不足の状態なのに

リン酸塩を取ると、リン酸塩が数少ないミネラルと結合して

体外に排泄させてしまう。

リン酸塩は、食肉製品、水産加工品、乳製品、農産加工品、飲料等で

色調改善、乳化、弾力性、保水性のために使われます。

白くてプリプリさせるのに最適。

1990年代後半から使用料が爆発的に伸びた。

それと呼応して、アスペルガー症候群のような精神的に落ち着きのない方が

多くなった。精神障害を引き起こしてしまう。

こういう中にあって、自然栽培の野菜は、ミネラルを凝縮されたものとして

注目されている。 

なお、肉はリンがカルシウムより多い食品なので

カルシウムを溶出させてしまう。取りすぎに注意しよう。

見城 美枝子先生

1.食の自給なくして国の自立なし

アフリカに取材に行って良くわかった。

何故、彼らは飢えて貧しいのか?

彼らは、宗主国の進めるプランテーション栽培で

自分たちの食糧生産ができていない。

だから、例えば、コーヒーがダメになれば、穀物を自力で作っていないので

飢えて行く。インドでは、綿花ばかり作って、多数の餓死者を出した。

2.和食で子供を育てた

離乳食は、昆布とカツオの出汁でペーストした野菜のすりおろし

これのおかげで、舌が育ち、薄味が解るようになった。

木村秋則先生

私は、血を流さない革命を起こしたい。

1.害虫被害率は、リンゴを別にして30%が上限。

なのに日本は農薬使用量 2009年まで世界一

今、TOPを中国に譲りましたが。

2.JAS有機で規定していない硝酸態窒素規制

EUでは、最高3000PPM

日本の有機栽培抜き取り調査だと、10000を軽く超える。

3.投入した窒素肥料はどうなるのか?

作物に 10から15%

雑草に 10から15%

土に残留 20から30%

残り  40から50%はガス化して大気圏破壊する。

世界の温暖化の原因は、肥料・農薬・除草剤の使用が原因と指摘

2009年米国 NOAA発表  アメリカ海洋大気庁)

4.合成添加物の認可数 

日本世界一 347種類

  米国     130

  英国      15

5.現代農業の土は白い

  濃い緑の野菜は元気ではない

  元気な野菜は黄緑色

自然栽培の土は黒い

多様性に富んでいる

人間ばかりが生きていいという世界はない。

6.日本の食は、世界から見れば非常に危険

 オリンピックで、日本の食材を食べさせられない

 全て空輸するという国もある。

パネルディスカッション

加工食品のつけで、本物の解る人が少なくなった。

亜鉛・・・・・・少ないと味覚障害起こす

味覚破壊トリオ・・化学調味料、酵母エキス、たんぱく加水分解物

本物の農産物を食育の中で食べさせることが必要。

BLACK JOKE

風邪をひいたら、ハマチを食べると良いよ・

抗生物質が大量に入っているから

農家と漁師が交流会をし懇親の席で

農家の方は、野菜を

漁師の方は、魚を

食べませんでした。

農業は生命産業です。生命財を作ります。

ユニクロなどは経済財を作ります。

両者は別物です。(見城氏)・・・・・私・河野と同じ意見です。

要は、どこにお金をかけるのか?

スマホですか?

野菜ですか?

どちらが、体をつくっているのでしょうか?

  • 2016.07.26
  • 19:07

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ