私たちの目指すもの

千年企業を訪ねて2017年1月

あぶり餅屋「一和(いちわ)」さんのことを書いてみたいと思います。

もともと私は、「千年続く農業を行い、千年続くお客様にご奉仕したい」という願いをもっております。

これは、中洞正先生(岩手県中洞牧場、山地酪農推進者で木村秋則先生の親友)

http://nakahora-bokujou.jp/nakahora/nakahora.html

の「本物を作り続ければ千年は続く」という信念に共感して作りました。

ただ、自分たちが千年続くためには、自分たちの努力・精進のみでは達成できません。私どもの「土」農地を支えて下さるお客あってこそ初めて千年続いて行くことが可能になります。

そういう思いから私たちの起業目標「千年続く農業を行い、千年続くお客様にご奉仕したい」が生まれてまいりました。

そうして、516日第2回東京セミナー、613日第1回大阪セミナーでは

「食と健康」からさらに食生活改善にまで踏み込んだセミナーをさせて頂き

お客様の命の絆が脈々と力強く受け継がれていくことを願っております。

私どもは、都市部の生活者と田舎の生活者が、ともに「成長」して行くことを願っております。(国土の維持・保全と現下の国際政治情勢を考慮すると危機管理上、「経済成長は不可避」です。自立と自由にはそれなりの代償が求められます。)

そのため、都市部での自然栽培普及促進と販路拡大を兼ね、東京と京都の優れた料理長に自然栽培の野菜をご紹介し、使って頂くことも進めております。

しかし、あくまでも基本は、お客様と「一対一」で、

私どもの野菜をお客様のご家庭にお届けし

ご家族で味わって頂き、

家族皆様が健康になっていただくこと。

そして「自然の恵みに感謝する日本人の原点」を代々の長きにわたり伝えて頂くことを河野農園の使命・本分といたしております。

農園をその本分以上に大きくし利益の極大化を図ることは、私ども「河野農園の志」とは大きく異なります。

そういう意味で1000年続く企業を調べて行くと、京都にあぶり餅屋一和さんがございました。長保2(西暦1000)。平安時代から続く日本最古の和菓子を、昔と変わらぬ製法で作り続けておられる老舗でした。

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20141128

真向いには、よく似た構えのお店が、もっと今風の店構えであぶり餅を売っておられました。そちらの方が流行っているかもしれません。

商品は一品、あぶり餅、一皿500円のみ。

これを、今宮神社にお参りに来られる方々に、

はんなりした京都弁「お帰りによっておくれやす。」

と呼び込み販売をされておられます。

店の女主人は、店の最前列、真ん中に陣取って、ひたすら餅をあぶっておられました。

座って焼きあがるのを待っているお客様への声掛けなどありません。

お客様は静かに外の景色を見ておられます。

待つこと15分。お茶と一緒に出てきました。

味は確かに美味しい。白みそ醤油味で、簡単に食べられます。

13g13本。全部で小餅一個分だとのことです。

簡単におなかに収まりました。

でも、もう一皿欲しいとまでは思いませんでした。

少なくても充分でした。

「これで千年?」

千年続いてこれた理由は何だったのでしょうか?

いくつか考えてみました。

  1. 店を大きくはしなかった。

    普通の女将の器に合わしていた。

  2. 味は、季節により微妙に異なるとのこと。

    変えていないようで日々変えている。

    レシピは無い。感性に従っている。

  3. 作り方が面白い。昔ながらで、変えていない。

    ご座の上で、餅を棒状にしてちぎり、きな粉をまぶしています。

    保健所からクレームが来たそうですが、押し切ったとのこと。

    「あんたらができる前からやっている。お客様に来てもらっている。」

    とか、反論されたのではないでしょうか?

  4. 職員の指導が徹底している。きびしいようです。

    私語をしているような人はもちろんいません。

他にもあるかもしれません。

もっと大事なことが、当たり前のように行われていて隠れて見えないのでしょう。

主人は、全責任を持ち、朝一番早く起き、夜片づけて一番遅く眠る。

こんな普通のことかもしれません。解りません。

立派な和菓子屋がたくさんある京都の中で、あぶり餅一筋をやり続ける志

それは、今宮神社に詣でる方への心からの奉仕の精神にあったのではないかと

思います。

愚直に一筋、神仏のご加護を祈念しつつ、日々の業をさせて頂くという気持ちが

なければ、この事業は続かななかったのではないかとも思います。

私どもも、神仏のご加護を頂きながら愚直にご奉仕させて頂こうと思っております。

コメントする

名前

URL

コメント

4月6日木村先生講演会

平成31年4月6日(土)の木村先生の講演会の概要をお知らせ致します。

 

 2019年に東京で開催されるNPO法人主催木村先生の講演会は、「幸福寿命」を提唱されるメタボ研究の慶應義塾大学医学部伊藤裕教授の腸内フローラと自然栽培の土の微生物たちという、目に見えないけれど、ひとにとってとても大切なものが、地球環境や私たち自身の健康に生かされていくという共通点をお話し頂きます。

また、ドキュメンタリー映画「美味しいごはん」の上映会を午前中に開催致します。

 自然栽培のお米の美味しい「ひかりのおむすび」を食べて、人生が変わった料理人ちこさんの姿を追って制作された映画です。毎日のあたりまえの食生活を見直し、「食べ方を変えて、生き方が変わる」ことの大切さを伝えています。

               記

日  時 201946日(土曜日)1030開場 11001600

場  所 亀戸文化センターカメリアプラザ3F カメリアホール

   〒136-0071  東京都江東区亀戸2丁目191  

    電話: 03-5626-2125 

アクセス JR総武線・東武亀戸線「亀戸」駅下車 北口より徒歩2

参 加 費  3,000円(前売り)   4,000円(当日受付) 

定  員  400

懇親会は未定。


 

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 棚卸日

店長ご挨拶

綾部市に移り住んではや6年、木村秋則式自然栽培に学び、無肥料・無農薬での栽培を行っております。
4年間土作りに取組み、まだまだ田んぼの土ですが、そんな中で頑張って根を張り、一生懸命育ったお野菜をご提供しております。
永続可能で環境負荷の低い自然栽培で育った、自然の深い味わいと、変化をお楽しみ頂ければ、幸いです。
店長日記はこちら >>

私たちの目指すもの

農業レポート

食と健康

綾部農作業

綾部24節気

セミナー報告

イベント案内

商品紹介

農事レポート

実験報告

ページトップへ